みんなで大家さんを利用~ローリスクセレクト~

不動産

投資としてのマンションは

利点がいくつも

不動産

投資マンションはいくつもあります。ですから、しっかりと投資をすることを検討したほうがよいです。利点としては、まずは当たり前ですが、長期リターンを期待できます。これは運営をする場合のみの話ではありますが、日本では投資マンションと言えば、この方法になります。転売、と言う手もありますが、これはかなり極端に値が騰がらないと手数料、維持費などの観点から儲かることが少ないので、出来れば長い期間を覚悟して、投資をするべきであるといえます。それが投資マンションの基本です。また、購入する時には、中古でもよいです。新築に拘る必要性は得にないです。何しろ、新築はどうしても高額になってしまうからです。その分、投資額回収に時間がかかります。

どこで見限るか

ずっと利益を生み出すことができるのが、投資マンションを運営することのメリットであるといえますが、最終的にどこかで見限ることも必要になります。つまりは、売るわけです。もちろん、まだまだ利益が期待できる、所有しておいたほうがよい、ということはよくあります。それはそれで問題ないですが、どうしても現金が必要になったり、何らかの事情で処分をしないといけなくなることもあります。その場合でも不動産であるわけですから、すぐにとは言い難いですが、売れます。むしろ、家賃収入で投資額を回収した時点で売り払う人もいます。そうすれば売った分が丸々利益になります。不動産を売る金額ですから、相当なものになりますので、これで利益を確定させて、違う投資をする、と言う選択もあります。